うつ病治療の主力。「薬物治療」で知っておいて欲しいこと

aki-hasi苦しい毎日が続き、なにごともうまくいかなくなり、ついには外に出れなくなる。そんな信じられない状態を過ごし、自分ではどうしていいかわからず途方に暮れた日々。やっと診断名がつき快方に向けて動きだせると希望に満ち溢れているあなたに贈ります。

この事実は、ちょっと苦しい話ですがはじめのうちにしっかり受け止めることで治療中に大きく沈むことはありません。

すぐ受け入れられなくても構いません。少しずつココロにしみこませるのでもいいです。苦しすぎるときは忘れてもいいです。ですが、知っておいてほしい。それをお伝えします。

クスリは万能ではないという事実。

単刀直入にいいます。クスリは万能ではありません。飲めばなおると期待していたらそれは大きな間違いです。私はこれさえあれば、元気な生活に戻れるんだと思った時期が短いながらあります。そんな淡い期待を持っていると、打ちのめされることになります。

風邪はクスリを飲めば治ります。食あたりは問題のあるものを体外に全部出せば治ります。しかし、うつ病はそういう病ではありません。クスリを処方通りに飲めば治るわけでなく、自分の体調を見ながらクスリの量や種類を変えていくものなのです。

薬物治療は時間がかかります。

特に、風邪薬と違うのは即効性がないこと。風邪薬や胃腸薬などは遅くても数日で効果を発揮し体調を改善してくれます。しかし、うつ病のクスリは効果が出始めるまでに早くても2週間かかるといわれています。

しかも、劇的によくなるわけではありません。なんか動けるようになったなぁ。気持ちが多少軽くなったかな。と感じるくらいしか効果はありません。

あう薬がなかなか見つからない人もいる。

昨今では優秀なクスリが開発されており万人に合うものがあります。ですが、中にはクスリと相性が合わずにクスリ探しをしなければいけない人がいます。最初に処方された薬を2週間飲んでみて効果の有無を確認します。それで、ダメだった場合は量を増やしてみます。ここからまた2週間かかるのです。それでも症状が緩和されないと種類を変えることになります。これも適切なのかどうかは2週間たたないとわかりません。

合う薬が見つからない人は半年くらいクスリとの相性を探すこともあるのです。

副作用は0ではない

処方されるクスリの種類によってはだるさが増すものもあります。なるたけ副作用が出にくいものを医師も処方してくれます。昨今のクスリは本当に優秀で副作用がほぼないようなクスリが多いです。

ですが、そのようなクスリで効果ない場合は強めのクスリへと変わっていきます。そうすると副作用は多少なり覚悟しなければいけません。

薬物治療に頼りすぎるのはうつ病は治らない

自分にあう薬が見つかったとしてもクスリを飲んでいるから大丈夫と慢心するとうつ病は悪化してしまいます。うつ病になった理由を見つめなおし、原因をみつけ、同じようにならないように行動や性格を変化させる必要が必ずあります。

クスリを飲めば無理ができると今まで休んでた分を取り戻そうと無茶な働き方をすれば鬱はより強力なものとなってしまいクスリを増やさないといけなくなるでしょう。

また、逆に症状がよくなって元気になるとクスリの影響で体の調子が良くなくなることもあります。例えば、緊張が強い患者さんは緊張を和らげるクスリを処方されるのですが、緊張しなくなる習慣を手に入れるとクスリのせいで必要以上にリラックスしてしまう症状がでます。

こうなるとやる気の減退や、体のだるさがでてきて動くのがツラくなってしまいます。人間というのは適度なストレスが必要なようにできています。刺激やストレスがゼロになると人は生きるのがツラくなるのです。

このようにクスリの効用で違う症状が出るようになるとクスリの量を減らす調整が必要になるのですが、問診で伝え方を間違えるとクスリを増やすなんてことになってしまいます。医師の力量もあるのでしょうが、どんどんクスリが増えてしまう人が問題となった事例があります。

まとめ:症状を軽くはしてくれるが、劇的に元気にしてくれるわけでない。

このようにクスリは万能ではありません。ですが、使わないという選択肢はありません。現在のツラい症状を緩和し、自分を苦しめないすべを習得する。ここから本当の治療はスタートするのです。

問題なのはクスリさえ飲めばすべてが改善すると思う気持ちです。他力本願になるといいことはありません。クスリがすべてを治してくれると思っていると、思わぬしっぺがえしを食らうことを肝に銘じておいてください。クスリとはうまく付き合いながら、補助的に考えた方が無難です。

特に、不安を抑え込むクスリは頼りすぎると容量が増えていく傾向にあります。不安を抑え込むスキルを習得するのが一番いいですよね。

 

 

 

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー