うつ病治療で必要不可欠だけど、あまり知られていない一つのこと

sleep

心身の不調をきたし、内科を受診するも原因がわからない。町の小さい病院からおおきい病院へと紹介され全身くまなく検査してみるも答えが見つからずドクターの口から心の病ではないかと告げられる。そこで心療内科や精神科を受診すると診断名がつくのがフツウです。

または、強烈な不安感や焦燥感などですぐに心療内科に行く人も多いでしょう。

何はともあれ病気の名前が決まり、うつ病の治療が始まります。その治療の過程で重要だけどあまり知らされていないことをご紹介しましょう。

うつ病治療で重要なのは病の治療だけでなく「体力の維持、もしくは、向上」

私の経験上、治療で最も重要なのは「体力」です。これを知らないで治療を進めてしまったことで私はかなり痛い目を見ました。人の体力は恐ろしいほど速いスピードで衰えます。日ごろ歩き回っている人は大丈夫ですが、一日座っているだけでもかなりの体力が落ちていくものです。

普通のカゼや食あたりなどの病気の療養と同じように、ただただ横になっているだけでは体は衰える一方であり、治療がうまく進んでも社会に復帰する際に大きな障害になってしまいます

とはいうものの、休まなければいけなくなるくらいうつ病の症状が悪化している状態では横になって休み、薬を服用するしか治療方法がないのも事実。しかし、それで体力が信じられないくらい落ちるという現実を知っとくことは重要です。

うつ病の症状が緩和されたら、少しずつ体を動かす治療も同時に進めていくことが治療をうまく進めていくコツでもあります。

うつ病治療の基本は「薬物療法」

とはいうものの、うつ病の治療というのはどういうものなのか?治療が始まってしばらくするまでよくわからないことでしょう。ここでは、治療の流れを簡単に説明しましょう。

まず、うつ病の治療は「薬物療法」が基本です。医師の問診によりうつ病の重症度を推し量り、症状緩和が見込めるクスリを処方されます。診断初期はつよいクスリを出されることはまずありません。まずは弱いクスリを処方され、危機を確認しながら最適なクスリがどの種類であり、容量がどれくらいなのかを試しながら治療を進めます。

ここで、意外に思う人も多いと思いますがフツウの風邪のように決まったクスリを決まった日数のめばよくなるという基準は存在しません。クスリが合わない人は、最適なクスリを見つけるまで半年かかったりするのも普通です。

ただ、昨今は重症化する前に病院を訪れる人が多いため弱いクスリで十分効くことが多いです。また、クスリの進化も進み、効果的にきき、かつ、副作用がすくない薬が存在します。それはSSRIと呼ばれるクスリの種類ですが今回は割愛し、クスリの説明は次回としますね。

そのため、よっぽどクスリが合わないなんて人はほぼいないとお医者さんはいっておりました。現に私も症状を緩和するクスリはすぐに見つかりました。ただし、クスリがきき始めるのに少なくても数週間の日にちが必要なためクスリをもらってすぐ楽になるものではありません。

このように、クスリがうまく効き、症状が緩和され始めると社会復帰を視野に動き出すのですが具体的に何をするもないです。普通のお医者さんは「体力つけてくださいねぇ」、「ごはんしっかり食べてくださいねぇ」など、健康管理の初歩を伝え頃合いを見て復職の診断書を書いてくれるのが一般的。

これが問題なのですが、症状が治まりました。動けるようになりました。では、社会に戻りましょう。という形が多いですね。私も最初の復帰はこれでした。無残に失敗に終わるんですが、それは別の機会にご紹介。

現在では、復帰には段階的な処置が必要ということで復帰プログラムを会社が用意していたり、復職を支援するデイケアという治療グループがあったりします。こちらも、今後ご紹介していきますね。

薬物治療がうまくいっても復帰するには3か月必要

というように薬物治療がうまくいけば社会に復帰です。ここまでにかかる時間は最短でも3か月です。まず、何もできずクスリを飲んでひたすら寝続けるのに1か月。やっと、起き上がれるようになり、仕事の復讐や身の回りのことをできるようになるのに1か月。体調の波が少し落ち着くので1か月くらいかかります。

これは、かなりうまくいった場合で通常は半年くらいかかるものです。長い人は一年くらいかかります。とはいえ、このケースは症状が悪化し日常生活を維持できなった人たちの話です。休職や休学などをするパターンですね。

どうにか離脱せずにクスリを飲んで治療を続ける人もいますが、医師の話では最終的には休職することが多いといいますね。

3か月で人の体力はどれくらい落ちるのか

このように最短でも普通の日常を送れない日々が三か月続きます。特に休養一か月目は布団の中で過ごすことがおおいでしょう。その時点でかなりの体力が奪われます。

私のケースを出すと、一日起きているのがツラいくらい体力が低下します。もう、何をしていてもしんどいんです。最初はうつ病が悪化したのかと思っていたんですが体力低下にともなうしんどさも入っていたんですね。

ですが、当の本人は体力が劇的に落ちてしまったなんて考えません。うつ病がよくなっていないのだと思います。現に、うつ病が悪化しているケースもあります。しかし、体力低下も大きな一因になっているんです。

なぜなら骨折などでギブスをした足の衰え方を考えてみてください。骨折を治すには数か月かかります。その間に、ギブスをして使っていなかった足は信じられないほど細くなりますよね。

それと同じことが全身で起こってしまうのです。腹筋や背筋など体の体幹部分の筋肉衰えると呼吸するのも大変になります。心臓も弱り、心拍の変動で疲弊してしまいます。少し歩くだけで息が切れ、足が筋肉疲労で上がらなくなる。

私は家から5キロ先の図書館に行くのもつらかったことを覚えています。それほど、些細なことができなくなるほど体力が低下します。

sleep2

日常生活を普通にこなすだけで体力は必要

このように日常生活を普通にこなすだけで体力は必要です。呼吸がツラくなるほど筋力低下するなんて考えたことないですよね。実際なると、訳が分からないくらい体が動きません。でも、体の疲労も感じにくくなってしまうんです。

だから、一日だけなら頑張れたりします。そうすると「なんだ。大丈夫じゃん」と思ってイロイロなことをやり始めますが、必ずと言っていいほど次の日は体が動かなくなります。動いてもつらい度合いが想像以上に強くなる。

このように、毎日元気に過ごすというのは体力必要なのです。

体力低下はうつ病悪化を呼び込む

日常生活がうまくできないと、輪をかけてうつ病も悪化します。なぜなら、じぶんが何もできなくなったと実証することになるからです。うつ病はマイナス思考を強めます。そんななか普通の散歩もつらくなったらどうなるでしょうか。

もう、自責の嵐です。こんな些細なこともできないなんて、終わってる。生きてる意味ないと思ってしまいます。

そうなれば、不安の症状も強くなり焦燥感も強くなる。呼吸器系が弱くなるとパニック発作も起きやすくなります。体が弱くなると精神も弱くなります。そうなると自信が崩れ、また何もできなくなる。だから、寝込むことがおおくなる。体力がおちる。さらに、なにもできなくなる。

まさにドツボです。どんどん悪くなります

まとめ:うつ病治療には体力低下が起きることを知り、体力をつける努力が必要になる

このようにうつ病の治療中は体力が著しく低下します。そのことをしっかりと知っておき対応しなければいけません。

ただし、体力をつけなければいけないからとジョギングをしたりすることはできません。まずは、うつ病の症状の緩和が先です。うつ病を弱らせてから、自分の体調を見ながら運動するという形になります。

最初はイスに座るというのでもいいのです。それほど、体力が衰えます。一日、椅子に座れるようになったら、すこし部屋を散歩してください。そんな簡単なことから始めることになります。

体力は必ず回復します。しかし、そのためにはうつ病の症状の緩和がかかせません。その逆もしかりです。この関係性をしっかり知っておくだけで治療がうまくいきます。

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー