うつによる思考低下のリハビリにWebライティングが適している理由

自宅でリハビリがてらWebライティングをやっている風景

うつ病を患うと思考力の低下がおこります。これを改善するためには、まず十分な休養が必要です。そして、十分な休養を経た後にうつ病を克服せよ!思考力編1stミッション「読み・書き・計算」シリーズでも書いたように文字を書いたり、思考を整理したりするリハビリが必要になっていきます。

ただ、このリハビリは単調になりがち。しかも成果が分かりにくい上に、目標も自分で作るため中々モチベーションが上がりません。そこで、ちょっとお小遣いを稼ぎながらリハビリができる方法を今回はご紹介したいと思います。

Webライティングでリハビリをする

その方法はWebライティングを使ったリハビリ兼お小遣い稼ぎです。今、ネットやTVニュースで流行りのネットワーカーと呼ばれる人たちはネット上で仕事を完結するような働き方をしています。

その働き方の一つとしてWebライティングはあります。これが、うつ病のリハビリに使えるんですね。これはPCとネット環境があれば誰でもできるものなので是非検討してほしいと思います。

Webライティングとは

さて、ではWebライティングについて詳しく説明していきましょう。Webライティングとはネット上でライティングの仕事ができるサービスのことを呼びます。

ライティングとは、文章を書くお仕事ですね。ブログ記事だったり、広告文章を書いたり、商品の紹介文を書いたり、自分の体験談を書いたりするお仕事です。

その仕事が、Web上でできることをWebライティングと呼んでいます。最近はIT技術が進み、ネットの普及率も高まりました。その結果、ネット上で仕事をもらい働けるようなサービスが増えているんですね。家に居ながらにしてお仕事ができるというのは凄いですよね。

仕事=リハビリになるのか?

ここまでで、Webライティングがどのようなものかがわかったと思います。ですが、一つ疑問が浮かびますよね。リハビリなのに仕事なの?働けませんが大丈夫?って疑問です

答えは「大丈夫」です。なぜなら、今回ご紹介するWebライティングサービスは、トライしてみても納品できるレベルに達しなかった場合、何もペナルティーを受けずにキャンセルすることができます。もちろん報酬ももらえませんが、誰にも迷惑をかける訳ではないのです。

ですので、今できる範囲で挑戦することができるんですね。

メリットはお小遣いになる可能性があること

Webライティングをリハビリに使う最大のメリットは「お小遣いをもらえる可能性がある」という部分です。自分でリハビリをやっているだけなら100%お小遣いなどでません。ただただノートとペンと時間を消費し、その対価に思考力が戻ってくるという感じです。

しかし、Webライティングをリハビリに使うとお小遣いの可能性がでてきます。最初はうまくいかずに納品できない事がつづいたとしても、回復していけばいつか納品する事ができますからね。

諦めずに続けていけば、自分の思考力を戻しながらお小遣いまでもらえるんです。これは最高ですよね。そして、お小遣いが自分のモチベーションにもなってきますので、継続することができるようにもなります。こうなれば一石三鳥といっても過言ではありません。

「お小遣い」の範囲は出ない

ただ、お小遣いといっても大した金額ではないので誤解しないでください。簡単な案件は300文字くらい書いて30~50円とかが相場です。1000文字書いて350~400円とかもざらです。

時給に換算すると最低賃金は余裕で割り込むでしょう。このように「お小遣い」の範囲は出ないことは覚えておいてくださいね。ただ、自分のためのリハビリで少しでもお金がもらえる点は見逃せないと思います。

全く無報酬なのに自分のためにリハビリする事でプラスになる可能性があるんです。その視点でみればリハビリにWebライティングを使うメリットは十分あると思います。毎日黙々とノートに書きだしたりするだけでなく、実際にお金がもらえる方が良いと思いませんか?

Webライティングリハビリのやり方

さて、では具体的なやり方を説明していきますね。そんな難しい方法ではないので安心しながら読み進めていってください。また、やるのが不安だなとか、やっぱやだなって思った人は登録しない選択肢を選んで全然OKですからね!

自分の気持ちを最優先しましょう。また、今回ご紹介するサービス自体は登録したり、実際にライティングしたりしてもお金がかかることは一切ありません。ですので、試しに覗いてみたいなって思う人も安心して登録してみてくださいね。

自分でのリハビリは必須

また、Webライティングでリハビリするとはいえ、ある程度は回復した状態でないと何もできません。チャレンジして納品できないことが続くと逆に調子が悪くなることもあります。そのため、ある程度は動けるようになっている必要があります。

少なくとも会員登録する時の内容を読んで把握・理解するだけの思考力の回復と、1時間くらいPCに向き合っていても体調が崩れない体力が必要です。

Webライティングは逃げません。ですから、まずは自分の体力の回復を優先しましょう。そして、頭がまわらない場合は以下の記事を参照しながらリハビリするようにしてくださいね。

<参考ページ>
うつ病を克服せよ!思考力編1stミッション「読み・書き・計算」
うつ病を克服せよ!思考力編2ndミッション「記憶力を取り戻せ!」
うつ病を克服せよ!思考力編3rdミッション「思考の整理法を身につける」

登録する

ある程度回復した状態ならば、Webライティングサービスに登録してみましょう。今回、ご紹介するのはサグーワークス
ShinobiライティングというWebライティングサービスです。

どちらも、ライティング業務に特化しているだけでなく、サイト上だけで仕事を選びから、ライティング作業までを実施することができます。また、制限時間を超えると自動的に納品できないルールになっているため、もし回復具合が足りなくて文章を書くことができなくても誰にも迷惑をかけずに離脱することができるんですね。

もし、書いている途中で嫌になったらキャンセルする事もできます。しかも、そのキャンセル作業などをするときに対人作業は一切ありません。これは、うつ症状が辛い時には本当に助かるサービスです。

登録は下の画像をクリックし、サービスサイトにいってから新規登録を行うだけです。登録方法や手順も親切丁寧に順を追って説明してくれるので安心して登録することができますよ。



好きな案件を探す

登録が終了したら、案件に目を通してみましょう。登録する作業で疲れてしまった場合は、そのまま休憩してください。疲れが酷い場合は、次の日や回復してからでも全然大丈夫なので自分のペースでやりましょう。

最初は案件が色々あって何が何だかよくわからないと思います。ただ、じっくりみていると内容が理解できると思いますので焦らずにトライして見てくださいね。

案件は、専門情報を集めて記事にするタイプや自分の体験談を書くものが多いです。中にはアンケートや商品レビューなんかもありますので自分ができそうなものはチェックしておきましょう。

気になったものにチャレンジ

あとは気になった案件にチャレンジするだけです。始めてチャレンジする時は少し怖い気持ちにが沸き起こるでしょう。私も初めての時はちょっと不安でした。

ただ、安心してほしいのはチャレンジしたとしても失う物がないという点です。チャレンジして制限時間内に文章がかけなくてもペナルティーはありません。うまくできればお小遣いをもらえる可能性があります。やって失う物がないとわかれば恐怖心も薄らぎますよね。

できなくて当たり前

ただ、チャレンジできたとしても制限時間内に文章を書き終えるのは結構大変な作業です。日頃からPC作業に慣れている人なら大丈夫でしょうが、ふだんキーボードを触らない人などは文章を書くのに非常に苦労します。

ましてや、思考力を戻すためのリハビリ中ですのでうまいこと文章が書けないのが当たり前です。そんな状況に直面する事で少し凹んでしまうかもしれませんが、自分を責めてはいけませんよ。

最初は、できなくて当たり前なんです。私も最初やり始めた時は制限時間内に文章を書くことができませんでした。数回チャレンジする事でかけるようになりましたが、コツをつかむまで苦労します。

できなくて当たり前。上手くかけたらラッキーくらいの心持でいきましょう!!

数回のチャレンジが必要

今回のライティング作業の目的は「リハビリ」です。ですから、文章が上手くかけなくても諦めないでくださいね。何度もチャレンジしていくことでリハビリ効果があらわれてきて文章を作り終えれるようになってきます。

その変化を感じれるまでトライする必要があります。最初はだれでも上手くいきません。上手くいかな過ぎてちょっとへこむくらいなんです。それでも続けていれば必ず前に進めます。ですから、諦めないでくださいね。

体調があがる=お小遣い

体調が良くなって来たり、思考力が戻ってくると文章を書き終えることができるようになります。書き終えた文章は納品し、サービス側でルールが守られているか、文章的に変な部分がないかなど商品になるかチェックされます。この作業には1日から数日かかることがあります。

そして、サービス側から「承認」と呼ばれるOKサインがでれば晴れてお小遣いゲットです!!この瞬間は本当に感動します。人に合わずに仕事が完結した瞬間を体験するんです。時代が変わったんだなって思うでしょうね。

体調が良くなっていけば少しずつお小遣いの額も増えていくでしょう。そうなれば社会復帰を考えれるようになると思います。

<注意>生活するほど稼げません

ただ、注意が必要です。あくまでもお小遣いレベルしか稼げないということです。中にはプロの人もいてたくさんお金を稼いでいる人もいます。月20万くらい稼いでいる人は現実にいます。ですが、その人たちはフルタイム以上の時間ライティング作業をしているんですね。その人たちと同じくらい稼ぎたいと思ったら、働くのと同じか、それ以上の負荷を身体にかけなくてはいけません。

あくまでもリハビリ

今回は、あくまでもリハビリでWebライティングを利用している点を忘れないようにしましょうね。自分の思考力を少しでもあげるためのリハビリ処置です。ですから、稼ぐ額よりも自分の能力がどれだけ戻ったかを基準にすることが重要です。

なぜなら時給換算すると結構悲惨な状態になるからですね。コンビニのアルバイトの方がよっぽど稼げるような金額になりますので、稼ぐ額ばかり気にしていると一気にやる気はなくなります。

あくまでもリハビリをかねており、かつ、人と会わずに仕事ができて、自分のペースで取り組める点がメリットです。ですから、期待しすぎずにリハビリしながらちょっとお小遣いを稼げてラッキーという視点で取り組んでくださいね。

まとめ:リハビリがお小遣いになればラッキーと思うべし

何度も言いますが、今回の目的はリハビリです。リハビリをしながらお小遣いを稼げる可能性があるというのが今回の提案の一番のメリットです。

リハビリは自分だけでやれば紙とペンのインクを消耗するだけの作業です。そして、自分でノルマを決めて黙々と作業をしなければいけないリハビリはモチベーションも続きにくく苦痛な作業になりがちです。

つづければ必ず思考力は戻ってきますが、苦痛を紛らわしながらやるのは大変です。そのため、お小遣いを稼ぎながらリハビリをすることができる可能性のあるWebライティングサービスをご紹介しました。

お小遣いの額は微々たるものでしょう。ですが、リハビリによって少額でもお小遣いがもらえたらモチベーションは保てるようになります。そんな小さな幸せを感じながらリハビリができるといいですね。

 

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー