2016/11/24

不眠症・睡眠障害でツラすぎるって時に大事にして欲しい小さい変化

全然眠れなく苦しみながらベッドの上で頭を抱える女性うつ病になると9割の方がなるという不眠症。私も多分に漏れずなったこの症状。この不眠症が本当にツラい。ツラくて日中活動するのが苦しくなる。そんなあなたに贈る睡眠不足でツラすぎるときに大事にして欲しい心構えです。

不眠症のツラさとは

不眠症になったときのツラさは健常者たちにも結構伝わります。なぜなら、健常者でも忙しすぎるときは寝れないため寝れないときのツラさがわかるからですね。誰に行っても寝れないのが一番つらいのは共感できるところでしょう。

寝れないと集中力はなくなり、体力も落ち、息がすぐ上がり、作業効率は断然落ちます。これが健常者が寝不足の時になる症状。うつ病者はこのほかに

  • 不安が強くなる
  • 焦燥感が強くなる
  • 心配事がいっぱい頭の中に湧いてくる
  • 急に悲しい気持ちになってくる
  • 涙が勝手に出てくる

など精神的な不安定さが顕著になります。これは本当にツラい。睡眠不足でカラダもしんどいのにココロまで追い込んでしまうとやってられないですよね。

完璧な改善策はない

そんなツラい症状をどうにかしたい気持ちはとてもよく分かります。私もどうにかしたくて沢山もがきました。ですが、残念ながらこの症状を一周できる魔法の対処策はありませんでした。

よく、ネットなんかで「一瞬で気分が治る」とか「一発で元気になる」なんて情報を全部試しましたが全然ダメ。ダメなのがわかるたびに自分がどんどん不安定になっていきました。というか、そんな魔法があったら今頃だれも苦しんでいませんからね。

その経験で学んだのは「魔法はない」ということ。一発で元気になるとかどっかの危ない白い粉とかしかありえませんからね。淡い期待はした分だけコンクリートに叩きつけられますので注意してください。

では、そうするか。それは小さい変化を積み重ねることを大事にするということなんですね。

十分な睡眠がとれずに青白い顔しながらベッドの上で体育座りでぼーっとする女性

少し変えるだけで希望の光に

小さいことをいくら積み重ねたって全然ダメだよ!!ってあなた!!その気持ちはとてもよく分かります。すっごくよく分かる。だって、私も同じことを考えました。小さい小さい積み重ねをしたって全然ダメ。何も良くならない!!それならば何もしない方がいい!!そう思った時期があったんです。

何もかも無駄と考えた結果

小さい積み重ねは1+1=2ではなく、0+0=0と強く信じていたんです。どうせゼロなら何もしない方がいい。そう思って数か月何もしない日を過ごしたことがあります。その結果どうなったと思いますか?

じつは、症状はどんどん悪くなったんです。不眠症は悪化し寝れない時間は増えました。日中の苦しさはしょうがないもんだと決め込んで、とにかく我慢するだけの毎日。ただ、時間だけが過ぎればいいと思っていました。そうなると、ドンドン心が追い込まれていくんです。そうなると、うつの症状が全て悪化していきました。

ちょっとした変化を大事にする気持ち

何もしてないのに、ただ我慢しているだけなのにドンドン調子が悪くなる。もうこれは絶望的でしたね。どうすりゃいいんだと。途方に暮れて日中に外を歩いた時に気付きました。

日中ツラすぎてただただ歩き続けた日、少し気持ちが上向きになったんです。ほんの少しなんですけどね。それに気づけたのが良かった。その日から日中ツラい時に少しウォーキングすると多少気持ちが楽になると知りました。

この時に何もしないとゼロどころかマイナスになることをしり、何かをするとゼロかもしれないけど多少プラスになる可能性があると知りました。

小さくても可能性を信じよう

ツラいのはとてもよく分かります。もう全てを信じられないくらいツラいと思います。毎日何もしたくないほどツラくないでしょう。本当に苦しいと思います。でも、何もしないと何も起こりません。何も起こらないどころか体がドンドン衰えていってマイナスになります。

それを防止するのはちょっとした行動です。寝てばかりだったら座っているだけでもいいです。座ってばかりなら立つのでいいです。立つだけだったら歩いてみたらいいんです。本当に小さな一歩で構いません。

その小さな一歩が気づきを生み、カラダに変化を呼び、積み重ねることで可能性の花が咲くんです。その儚い花を目標に頑張るのはあまりにツラいかもしれません。でも、その花が今後とくに大事になるということを忘れないでください。

ツラすぎるときは休もう

こういう話をすると、真面目なあなたは必要以上に動きだそうとします。小さい変化より大きい変化の方が可能性を大きくするのは間違いありません。ですが、1日やって3日休むより毎日取り組める内容の方が効果が生まれるのは間違いありません。

頑張りすぎる性格がうつ病を呼び寄せました。そのことを忘れてはいけません。ほんのちょっとの変化でいいのです。あなたには物足りない小さい小さい変化でいいのです。それを忘れないでくださいね。

そして、ツラすぎるときは休んでいいと自分に許可をあげてください。行動した方がいいというと「無理にでも動き続ける」のがあなたです。いいですか!!動きすぎはダメなんです。

何もやらないのはダメですが、やりすぎはいけません。言っている意味が訳わからんかもしれませんがバランスを忘れないでください。いいですか、ツラすぎるときは休んでいいんですからね。ツラすぎる、もうダメ!!って時はゆっくり休んで寝てもいいんです。

ベッドの上で多少元気になりながら起きようとする女性

まとめ:今までの自分と逆のことをやってみよう

基本的に自分にないことをすることが重要となるこの病気。頑張りすぎる人はうまく休む方法をしるのが必要ですし、頑張りがたりずに怠けがちの人は少しでも頑張る方法を習得する必要があります。

動きすぎてしまう人は動かない方法を習得する必要がありますが、何についても諦めがちの人は諦めない精神を鍛える必要があります。人生はまんべんなくバランスをとった成長が幸せを呼びこみます。

矛盾したことばかり言ってなんなんだ!!って思ったあなた。あなたが今までやっていた逆をやればいいんですよ。あなたが今までやらなかったことをやってみましょう。その時に小さい変化がうまれますから。

そして、小さい小さい変化を大事にしてくださいね。それがあなたの気付きになります。その気づきが幸せの第一歩ですから。

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー