【上司必見】うつ病をわずらった部下を担当する時に知っておく必要があること

もう少しで部下が復職する。メンタルヘルス疾患をわずらった部下を担当するのは初めてだけど、どうすればいいのだろう。と頭をかかえているかもしれませんね。

そんなあなたのために、うつ病をわずらった部下を担当する時に知っておいて欲しいことをまとめておきます。

知っておきたい基礎知識

うつ病をわずらった部下をもつときに知っておきたい基本知識は以下の通りです。

  • 抑うつ状態を引き起こす病名の種類
  • やってはいけない上司の行動リスト

一つずつ確認していきましょう。

抑うつ状態を引き起こす病名の種類

部下からもらった診断書には診断名がかかれています。おおくの場合は「抑うつ状態」という言葉が書かれていることでしょう。

しかし、この「抑うつ状態」=「うつ病」ではないことを覚えておいてください。

うつ病はさまざまな研究がすすみ色々なタイプがあることがわかっています。大きく分けると抑うつ状態を引き起こす精神疾患・精神障害の種類は以下の通りです。

  1. うつ病(大うつ病やメランコリー親和型うつ病と呼ばれるもの)
  2. 非定形うつ病
  3. 現代型うつ病
  4. 気分変調症
  5. 双極性障害

世間的に認知度があがり「うつ」というと1番のうつ病(大うつ病・メランコリー親和型うつ病)を指すことが大半になりました。元気が出ず、一日中不調をかかえるのが特徴です。

2番から5番の種類は1番と違い「げんきになるタイミングがある」という特徴をもっています。

やってはいけない上司の行動リスト

精神疾患と精神障害の種類をおぼえたら、次はNG行動を把握しておきましょう。部下の特徴によって多少かわってきますが以下のことは知っておいて損はありません。

  1. 感情的な説教や注意行動
  2. 相手の意見をきかずに自分の意見だけ主張する
  3. できていないことばかりを並べる
  4. 無視
  5. 突発な休みを拒否
  6. プライベートを過度に管理する

熱血職員ほど、うつ病などメンタル疾患をわずらっている職員とかかわるのは注意が必要です。

良かれと思ってやったことでも、相手にとってストレス過多なら意味がありません。特に抑うつ状態を引き起こしている部下はストレスに過敏に反応します。それを覚えておきましょう。

把握しておきたい情報

上記の基本知識をしっていただけたら後は部下のことを知っておく必要があります。部下のことをしらないで判断すると部下の調子は必ず悪化します。ですから以下のことを把握しておきましょう。

  1. 部下のコンディション
  2. 診断書に記載されている診断名
  3. 会社の制度(休職制度、福利厚生制度など)

詳しく説明していきます。

なにより重要な部下のコンディション把握

なにより大事なのは部下のコンディションの把握です。今、不調に入りかけなのか調子が上がってきているのか。それによっては業務調整が必要になることもあります。

診断名により判断はかわる

また、診断書に記載されている診断名も確認しておきましょう。病名によって支援方法はかわります。

従来型の大うつ病やメランコリー親和型うつ病は負荷を下げるのが基本ですが、それ以外の場合は目標をともにかかげ負荷を少しずつあげることも大切です。

ですので、診断名は把握しておきましょう。抑うつ状態としか書かれていない場合は、会社で契約している産業医に意見をきくのがよいでしょう。産業医がいない場合は部下の許可をとって主治医の意見をきくのがいいでしょう。

会社の制度をしると部下を支援できる方法が増える

精神疾患・精神障害をわずらっている部下はかならず不調になる時期があります。その時に支援するためには福利厚生を利用する場合もあります。

ですから、会社の制度を確認し状況におうじて部下に説明できるようにしておきましょう。

すぐに情報を提供できる状態にすることで部下との信頼関係もきずきやすくなり部下の回復を手助けできる場合があります。

関与できる範囲の確認

そして最後に、関与できる範囲も再確認しておきましょう。

先に結論をいいます。関与できる範囲は業務時間内の間だけです。プライベートへの口出しはNGです。部下がアドバイスをもとめてきた場合に限り関与して良いものだと覚えておいてください。

メンタルヘルス疾患をわずらっている部下には多大な支援を行っていると思います。負荷をさげるために業務量を削減したり、残業をなしにしている場合もあるでしょう。

そうなると仕事を何より一番に考えてほしく、プライベートも指示してしまう気持ちはわかります。

こんなにしてやっているんだから、プライベートのことも関与させろよ!って思う気持ちはわからなくもないですが、ちゃんとした線引きをもってください。

我々は契約にのっとって業務を依頼しています。そのため、関与できるのは業務時間のみです。

そんなことをしたら、やりたい放題じゃないか!と思うかもしれませんが安心してください。精神疾患をわずらうような繊細な方たちは周りの人たちの尽力に感謝するような人々です。ですから、プライベートも回復に力をいれています。

というより今の現状が苦しいから、どうにか回復しようと必死です。なので、過剰に関与しすぎてしまうと悪循環になります。だからこそ、この線引きを忘れないでください。

世の中そんな良い奴ばかりじゃないよ!って思う場合も安心してください。契約を履行できなくなれば行きつく先は退職です。回復する努力をしない部下はいずれいなくなりますからね。

部下を気づかう思いがあれば大丈夫

ここまでのことを把握しておけば、後は部下を大事に思っている気持ちがあれば大丈夫です。

部下と話し合いを重ねながら業務調整をおこなっていきましょう。最初は負荷の低いものを担当してもらい、徐々に負荷をあげていくのが一般的です。

復職したての部下は休んだ分をとりかえそうと頑張りすぎます。そして、復職3か月目くらいで不調になることが多いです。

そのような経過をたどることを忘れず、部下が焦って頑張っている場合は負荷をコントロールしてあげてください。そして、焦らせない理由も説明してあげましょう。

その後、好調と不調をくりかえしながら徐々に回復していきます。その時々に適切な支援を実施できるよう常に話し合いながら前に進めば大丈夫ですよ。

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

アバター

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー