うつ病患者と接するときに伝えてほしいメッセージはたった一つでいいんです。

うつ病に関する話
スポンサーリンク

sakura

大事な人がうつ病を患ったとき、あなたは何をしてあげれるだろうと悩むことでしょう。あんなに元気なあの人が、あんなくらい顔をするのを初めて知ったでしょう。目に光がなく、顔色も悪い。動作も遅く声をかけても反応はうすい。

このまま消え去ってしまいそうなくらい命の輝きがなくなった大事なあの人に伝えてほしいメッセージがあります。

それさえ伝え続けてくれれば大事なあの人は前に進みだすはずです。

うつ病を追っ払う魔法のメッセージ

それは「あなたは大事な存在です」ということなんです。

えっ?それだけ?って思うかも知れません。ですが、これが何より必要なメッセージです。

うつ病を患うと今まで何気にできていたことができなくなります。料理したりするのも難しくなり、症状が重い時は着替えや歯磨きをするのもツラい。座っているだけでもツラく、テレビの音を聞くのすらツラい。

元気に働いていたころがあったのがウソのように何もできなくなります。そんな現実を受け止めきれず、自分は存在するだけでマイナスだと考え始めてしまう人が多いです。

なんでこうなった。なにが悪かった。どうすればよかったんだ。その自問自答がいつしか「自分の存在の否定」につながってしまうのです。この気持ちはとてもつらいもの。この思考から逃れられないと調子は上向きません。

そんなとき、大事に思ってくれる人が一人でもいたらどんなに救われるでしょう。それを教えてくれるだけで涙があふれてくるものです。生きる力が湧いてきます。生きてていいんだと安心します。

居場所があったと気づけます。恩を返すために頑張ろうと感じます。うつ病なんかに負けてはいけないと自分を鼓舞することができます。

あなたに自分の存在を大事に思ってもらうだけで力がわいてくるのです。

伝え方は、言葉だけではありません。

そして、このメッセージは言葉で伝えることもできますが、行動でも伝えることができます。その一つはボディタッチ。手をつなぐだけで相手のぬくもりを感じつつ、「大事だよ」っと伝えれるのです。

隣に座るだけでもいいんです。微笑みかけてくれるだけでいいんです。抱きしめるだけでもいいです。

何気ない行動だけでも、あなたがその人を大事に思っていれば伝わります。そばにいて触れてあげてください。それによって、あなたのメッセージはしっかりと伝わります。

他にできることはないのか?

他にできることといったら身の回りの世話くらいです。洗濯や料理はできないのでしてあげてください。それ以外特別にしてあげることはありません。衣食住は普通のものでいい。あとはあなたからの「大事だよ」というメッセージだけで十分です。

まとめ:何よりも大切な存在だと伝えてください

このシンプルなメッセージは、うつ病を患った人のココロを鋭く打ち抜きます。冷え切ったココロを温かく打ち抜くことで、全身に力が通ってきます。力がかよってもうつ病をすぐに撃退することはできません。治療には時間がかかります。しかし、このメッセージが治療をいい方向に導きます。

忘れないでください。特別なことは必要ありません。あなたはすでに大事な人を「大事」と思っているはずです。その気持ちを伝えるだけでいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました