2016/02/29

うつ病を克服せよ!思考力編2ndミッション「記憶力を取り戻せ!」

bookgarl

うつ病克服シリーズ!今回は思考力編です。うつ病をわずらってから思考力が低下したと思っているあなたへ送ります。ミッション1を読んでない方はぜひ、ミッション1から読んでみてくださいね

うつ病を克服せよ!思考力編1stミッション「読み・書き・計算」

では、記憶力についての話を始めましょう

うつ病になると記憶力が衰えるという誤解と真実

ミッション1では思考力が衰えるのは誤解ですとご紹介しましたね。衰えるのは集中力であり、考え続けることが難しくなるために思考力が衰えたと思うと説明しました。実は、今回の記憶力についても同じことがいえるのです。

うつ病をわずらってからというもの一日のすぎるスピードが速いだけでなく、何をやって過ごしたかも思い出せないことがあります。そして、まずいことに脅迫障害のようなカギをしめたかどうかも心配によりわからなくなって、なんども確認しに行ってしまったりしてしまいます。

そんな状態になっても、あなたの記憶力はあまり衰えていないことがほとんどです。こういわれても信じれないでしょうが真実です。それを一つずつ説明してきます。

うつ病になると不安と心配で支配され他を記憶できない

うつ病になると症状の一つとして強い焦燥感や不安感が前面にでます。それにより、いつもマイナスなことを考えている状態です。なにをするにも不安な思考が頭をかけめぐっている状態ですよね。そう、頭の中は負の思考でいっぱいいっぱいです。

そんな状態でも日常でやらなければいけないことがたくさんあります。食事をしたり、食器洗いや洗濯などの家事、さらには仕事もしていれば処理しなければいけない業務がたくさんあることでしょう。

このような「やらなければならないこと」をしている最中もあなたのあたまは不安でいっぱいです。心配や苦痛でいっぱいでしょう。そうなると今やっていることに注力できず、負の考えを処理したり振り払ったりするので精一杯になるのです。

こんな状態で毎日をすごしていますから、今日やったことを振り返っても詳細がわからなかったり、処理したのかしてないのかよくわからなくなることが出てきます。

実際に処理した業務や終わらせた家事をすっかり忘れていてもう一回やろうとしたときに、「あれ?終わらせてた、、、」なんてことも出てきます。

そして、症状が重くなっていくと日常生活を処理できなくなっていきますからミスが増えたり、やらなきゃいけないことができなくなったりします。不安がつよすぎて何をやればいいのかがわからなくなってくるのです。

これが記憶力が低下したと思う原因です。いつもはちゃんと覚えれるのに、、、と思うかもしれませんが、あなたの頭の中は負の考えでいっぱいで覚えている余裕がないのです。

うつ病休養による記憶力の低下はありえる

ただし、うつ病を治療するために休養していることが原因で実際に記憶力が低下することはあります。人間はカラダの筋肉と一緒で使わない機能は能力低下していく構造になっています。

記憶力も一緒なのです。なにかを覚えようとしなければ、覚える力は衰えていきますし、なにかを記憶しようと思わなければ記憶には残りません。

ただし、うつ症状が強いときは、ほぼ寝ていることしかできないと思います。その時に記憶力が低下するのがイヤだと無理してかんがえごとをしても負の考えが洪水のように襲ってきて逆効果になることがほとんど。

ですから、うつ症状が強いときは頭を使わずにやすむという行為が重要です。休養でおとろえた記憶力はあとですぐに取り戻せますから安心して休みましょう。

記憶力も集中力に関係する

そして、記憶力がおとろえると思う最大の要因は思考力と一緒で集中力が落ちるのが大きい原因です。人間がものごとを記憶するときは集中力の強さが影響します。その集中力がない状態でなにかを覚えようとしても頭には入ってきません。

ですから、うつ症状がつよいと負の考えなどで気が散ってしまうのが問題なのであって、あなたの頭が悪くなったわけではないのです。それを知っただけでも少し不安が小さくなると思うのでちゃんと理解してくださいね。

うつ病休養で衰えた記録力を戻す練習をしよう

まずは休養し、うつ病の症状を小さくする努力をしましょう。それができたら休養によって衰えてしまった分の記憶力を元に戻すよう行動してみましょう。とはいうものの、記憶力を取り戻すのはけっこう簡単な作業です。焦らず余裕があるときに始めてくださいね。

では、具体的にどういう作業をするのかご紹介しましょう。

今日食べたものを思い出す練習

記憶力を鍛えるには記憶したものを「思いだす」作業をするのが一番です。その思い出す作業はできるだけ時間経過のすくないものからチャレンジするとうまくいきます。そのため、まず始めは今日食べたものを思い出す練習をしましょう。

昼ご飯を食べるときに、朝ご飯はなにをたべたか思い出してください。夕飯を食べるときは朝ご飯と昼ご飯になにをたべたかを思い出してください。もしおやつを食べたならその時にもなにをたべたか思い出してください。

ね。簡単でしょ?このとき、注意するのは食べてばかりだと自分を責めること。食べることは人を幸せにします。いまうつ病に苦しんでいるあなたにとって食べる幸せは感じることができる数少ない幸せです。ですから、体重が増えている状態でも、ほかに何もやっていない状態でも食べていることを悪いと思わないでくださいね。

今日一日やったことを思い出す練習

たべたものを思い出す練習ができるようになったら、よる寝る前に一日やったことを思い出す練習をしてみましょう。あさは何をしましたか?お昼は何をしましたか?夕方はなにをしましたか?

けっこう思い出すのが難しいと思いますが簡単なことでいいのでやってみてください。空を見上げてみたら青空だったとか、今日は雨が降っていたとか、TVをつけたらお笑い芸人がでてたとか、そんなたわいもないことで結構です。

この時に絶対にやってほしくないことは今の自分に悲観すること。いまあなたはうつ病を克服しようと頑張っているところです。やっと休養があけて動きだせるようになった頃でしょう。ですから、外にでるということだけでも大変だったりします。

その今の状態と元気だったころを比較して悲観的にはならないでください。いまは治療中ですから、大したことができなくてあたりまえです。症状が重く寝るしかできなかったときと比べれば今は記憶力UPの練習ができています。

その小さい前進を大切に思ってくださいね。

楽しかったことを思い出す練習

これは、かなり元気になってきたらやってほしい練習です。休養がうまくいき行動範囲が広がり、食べたものも、一日何をしたかも思い出せるようになってきたら、次は一日のうちで楽しかったことを思い出してください。

おおきい楽しいことはまだないと思います。「楽しいことなんてない!!」って思うかもしれませんが、それは違うと私はおもいます。あなたの周りには楽しいと思えることがたくさんあります。感じるセンサーが鈍感になっているだけなのです。

TVで笑っている人をみたら少しだけ元気になりませんでしたか?外の新鮮な空気をすったら少し気持ちよかったのではないですか?温かい湯船につかったらカラダがリラックスできたりしてませんか?

ご飯をたべれるようになったのではないですか?携帯電話やスマホを見れるようになったとおもいませんか?布団からでれるようになっていませんか?

大したことでもないかもしれません。でも、重い症状だったときと比べれば嬉しかったり楽しかったりすることは増えているはずです。そんな小さい変化を大切にして、あなたのなかで生まれる小さい幸せの感情を感じるように練習してください。

nayami-garl

記憶を思い出す作業は苦痛を伴うことがある

このように簡単な練習であなたの記憶力は元に戻ってきます。記憶力がもどればあなたの情報処理能力も戻ってきますので職務に復帰できる日は近くなっていきますね。ただ、焦らないでください。なぜなら記憶を思い出すという練習には苦痛が伴うことがあるのです。

上述した練習時の注意点もそうなのですが、ほかにも苦痛が伴いやすい部分があるので知っておいてください。

うつ病の症状で過去のツラい記憶をフォーカスしやすい状態

うつ症状をていしているときは、過去のツラい記憶をたくさん思い出すことがありますよね。これじたいは自然と沸き上がってくるのでしょうがありませんが、記憶を思い出そうとする練習が引き金となって、苦しい記憶も思い出すことがあります。

ほしい記憶だけ思い出せればいいのですが、必ずといって苦しい思いも思い出すことになるでしょう。ですから、記憶を思い出すという練習は余裕があるときにおこなうことがセオリーです。

ツラいときに苦しい記憶がわきあがると体調は悪化していきます。記憶力を元通りにするよりも体調を安定させることが最優先です。ですから、このようなときは練習を中断してください。

急にすべてを思いだそうとするとドッと疲れる

また、食べたものを思い出す作業は簡単そうですが、長い休養期間をへた人にとってはけっこうな重労働です。その事実を無視して急にすべてを思い出そうとするとかなり疲れます。

それに思い出す作業は最初とても時間がかかります。私は練習を開始したときに食事内容を思い出すだけで10分くらいかかりました。一日の行動をねる前におもいだそうとしたら1~2時間くらいかかって寝れなくなったこともあります。

かなりの体力をつかう上に、精神的にもすり減りますので無理はぜったいにやめてくださいね。

他のうつ病克服と一緒で少しずつ負荷を上げる

このように記憶を思い出すという作業は簡単そうで結構むずかしいものです。かならず簡単なものから取り組んで自分の体調と相談しながら負荷を上げていくことをこころがけてください。

これは、他のうつ病克服ミッションも同様ですし、人生においても同じことがいえます。急激な変化をもとめるのは人の常ですが、それにより大きな負荷をうけることになることは忘れてはいけません。

いまはうつ病をわずらい耐えられる負荷は小さいです。そんな状態で岩石のような負荷を背負うとかんたんにつぶれてしまいます。ですから、まずは小石をもちあげることから始めてくださいね。

まとめ:記憶力は鍛えれば元に戻るもの。焦らずできる範囲で練習を

どうでしたでしょうか?記憶力がぜんぜんなくなったとおもって焦っていた気持ちが軽くなったでしょうか?

このようにうつ病をわずらったから記憶力がすぐに低下することはほとんどありません。休養にともない使わなくなった機能が衰えることがほとんどで、それ以外は負の考えで脳みそがいっぱいで新しいことを記憶する余裕がないのです。

ですから、まずは休養が必要です。そして、休養でうつ病の症状が弱まったら多少おとろえた記憶力をもどす練習をしてみてください。その記憶力はすぐもどってきますから安心してくださいね。

できる範囲で適切な負荷をかけることが記憶力が元通りになるコツです。焦りたくなる気持ちもわかりますが、あせらずできる範囲でやってみてくださいね。

 

前のミッションはうつ病を克服せよ!思考力編1stミッション「読み・書き・計算」

次のミッションはうつ病を克服せよ!思考力編3rdミッション「思考の整理法を身につける」

 

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー