不調のときはニュース番組を制限するべき?うつ病を悪化させない方法

先日、無料相談にて「ニュース番組を視聴すると体調が悪化するという情報を聴いたのですが本当ですか?」と質問されました。この知識については誤解をしている人がおおいので今回しっかり説明していきたいと思います。

ニュース番組は見てもよい

結論から言いますが、ニュース番組はみてもいいです。ニュース番組を見たからといって、うつ病をはじめとする精神疾患・精神障害がかならず悪化するなんて研究結果はありません。

ただ、人によって体調不良のきっかけとなる場合があるというのが正しい情報です。

ですから、不調のときなだらだらとニュース番組をみない。具合が悪いならスマホなども手放し情報制限をする。

調子がいいならニュース番組をみてもいい。むしろ、見ながら自分の不調となるキーワードが何かを探す手掛かりにする。

こういう使い方が正しいです。

ニュース番組がうつ病を悪化させるケース

では、どのようなときにニュース番組が悪影響を与えるようになるのでしょうか?それは、あなたにとってストレスを受けやすい情報がながれた場合です。

例えば、いじめが原因でうつ病を発症したとしましょう。そうすると「いじめ」関連のニュース情報がながれてきたときに無意識のうちで自分のいやな体験が頭の中でリピートされ始めます。

この体験を克服しておりストレス耐性がついていれば体調はくずれません。しかし、克服していない状態であれば体調が悪化する可能性があるのです。

人間というのはさまざまな情報から勝手に思考を開始します。これを自動思考というのですが、この自動思考が自分を苦しめる内容である場合、非常に大きなストレスとなります。

もし自分を苦しめる自動思考に気づけた場合は、認知行動療法などで苦しめている固定観念を変えていけるようにしましょう。

何もかもダメというのはNG

上記のように悪化させる可能性は必ずあります。ですが、悪化する可能性があるからと情報をすべて遮断するのは正しい対処法ではありません。

なぜなら、人は使わない機能はどんどん使えなくなっていくからです。

ストレスを過剰に避けると、非常に些細なことでも耐えられなくなっていくのです。

不調になるキーワードに触れる機会が減ると、そのキーワードへの耐性はどんどん弱くなります。そうなると日々の生活の制限は増えていきます。結果、好きなことを好きなようにやることはできなくなってしまうのです。

そうならないためにも、不調のキーワードとなるものはストレス対処法を身につけ徐々に受け流せるようになる必要があります。

よって、上記で説明した調子がいいときは好きして不調のときに制限する。という対策が一番いいのです。

本質を見抜いて過ごしやすい生活を手に入れよう

急性期など体調が非常に悪いときはストレス源を減らさなければなりません。しかし、回復に向かっているときにはストレス耐性を高めていくトレーニングも必要になります。

無駄に負荷をかける必要はありませんが、日常生活を豊かにするストレス源に関しては対処策を得ていくことが有効です。

特にニュース番組などは社会の変化や世の中のことを発信している大事な情報でもあります。知っておかないと社会生活をするときに不便な機会も増えるでしょう。

今の自分の状態を把握しながら、調整していってくださいね。

新しいカタチのカウンセリングとは

Gralize
  • どうしていいのかわからない
  • 一人で乗り越える自信がない
  • 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい
  • くじけそうな時に私の話を聴いてほしい

メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、

そう思って諦めていたあなた。新しい形のカウンセリングを試してみませんか?

  • 在宅で利用可能なWebカウンセリング
  • 自分の体調に合わせながら相談できる定額制
  • 重要情報を学べる専門コンテンツ
  • なによりビックリな低価格

うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。一人より二人で戦ってみませんか?

アバター

著者:モン介

雪の降る地域に住む、のほほんマイペース男子。 寝ることが好きで布団が親友、でも、気持ちい日差しも親友です。 うつ病に苦しみながらも、様々な人の力を借りて何とか克服。 現在は楽しく毎日を過ごしています。そんな経験が同じような苦しみを持つ人の力になれるよう活動します。

Twitterフォロー